Skip to content →

わが家の猫の餌事情

chatjijyou

わが家には16歳になる猫がいます。

基本は固形キャットフードはずっと出しており、食べたい時に食べています。缶詰やパウチの餌は一日一回か二回食べます。わが家の猫は、好き嫌いがあるらしく、食べてくれるキャットフードと食べてくれないキャットフードがあり、美味しそうだと思って買っても、気に入らなければ全く食べてくれません。

買った物はもったいないので、他の猫を飼っている家の方にあげました。様々な種類を試して、食べるキャットフードと食べないキャットフードがはっきりしたので、今は食べてくれるキャットフードだけを買うことにしています。これは若いころからおばあちゃんになった今でも変わらず、高齢になったので恒例猫用のキャットフードを買いましたが食べてくれず、また元のキャットフードに戻しました。凄く細いですが、食欲はあるので、たべてくれるキャットフードをこのまま与えようと思います。

同じものしか食べないので、食べないときはどこか具合が悪いかとわかるので、健康のバロメーターとしてチェックしています。たくさんの種類がり色々な味を食べさせてあげたいのですが、わが家の猫には、それができませんが、迷う必要もないので、そこは楽です。

Comments closed

キャットフードも豪華に

cahfoodgouka

ペットフードも年々豪華にバリエーション豊かになっている近年ですが、特に、ドッグフード・キャットフード(イヌ・ネコのえさ)にかんしては、もう値段も内容も人間顔負けのラインナップですね…。キャットフードは、ネコの大好きな魚が会陰のものが多いですが、毛玉ケアやメタボリック防止など、いろいろ健康にも気遣って、野菜やフルーツもたくさん。それだけでもすごいのに、一つの銘柄で、味のバリエーションいくつあるんだー、とつっこみたくなるほど。ネコさまも毎日同じ食事では飽きてしまうのでしょうか?笑

とにかく、キャットフードの進化におどろきをかくせない今日この頃ですが、ペットショップなどで、ネコがおいしそうにキャットフードを食べている光景を見ると、なんてかわいいんだ、とイチコロされてしまいます。高くて豪華なキャットフード、愛ネコのために買ってしまう飼い主さんの気もち、わかる気がします。めっちゃかわいいですもんね!

でも、ネコにも好き嫌いはあるようで…人間と一緒ですね。特定の野菜が入っていたり、特定の銘柄のキャットフードは一切口にしない、というネコもいるようで。新しい銘柄のものを与える際は、いっきに大量買いしてしまわないように注意が必要なようです。

Comments closed